お家の物語を大切にする

平岡工務店

お家の物語を大切にする

平岡工務店

くらしから考えるリフォーム

ビフォーアフター

ビフォー





施主様のご要望・悩み・現状

T様がお住まいのご実家は、数年前に増築をされ、部分的にリフォームを繰り返してこられていました。隣には息子さんご家族も住まわれています。
ご実家の資産価値を考え、建て替えのご提案をしましたが、このままリフォームをして住み続けたいというご要望でした。

プロセス

これからのことを聞く



まずはT様の理想を聞かせていただきました。

・和室に間仕切りがほしい
・収納を増やしたい
・ウッドデッキを作りたい。塀もほしい
・ダイニングに大きなテーブルを置きたい
・動線を快適にしたい
・屋根付きのゴミ分別スペースがほしい

なぜを繰り返す

では、なぜそうしたいのか。
さらに深くお話を聞かせていただきました。

・お孫さんがよく泊まりにくるから
・赤ちゃんを和室に寝かせられるようにしたいから
・棚収納が少ないから
・たばこを吸える場所がほしいから。目隠しはほしいから
・お祝いごとでみんなが集まることも多く、一緒にご飯を食べることが多いから
・大人はテーブルで、子ども達は座敷にみんなで座れるように
・息子の家からの動線も整えたい 

「なぜ」を繰り返すことで、ご家族の暮らし方が見えてきました。
お話はどんどん広がり、理想や家族への想いまでもが見えてきました。
理由を聞くことは、言葉にならない要求を見つけることなのです。

家からも聞く

家の違和感

家には築年数と同じだけストーリーがあります。
T様邸も増築やリフォームをしておられるので、
どんな業者が入られたのか、どんな被害があって、なぜこうせざるを得なかったのか。
そんな家の背景も一緒に確認していきます。


これまでのことから、「今」どうしたいのか、それだけではなく「これから」の暮らしのストーリーを見据えていきます。

アフター

平岡工務店の考え

全ての要望は聞きません

ご希望のリフォーム、その理由、全てのことを確認したら、プランをまとめ、ご提案、すり合わせへと進めていきます。
ご要望はきちんとヒアリングをしますが、決して言われた通りにはいたしません。
リフォームする必要があること、ないこと、表面的なメリットの裏にあるリスクの部分もきちんとお話します。
お施主様がアクセル全開の場合は、こちらはブレーキを踏みます。
スピード感も大切にしながら、暮らしのスタイルを形にするために、言葉にならない言葉を拾いながらつくりあげていきます。
T様邸も、実際にご家族が集まる風景は見たことはありませんが、同じ風景を思い描きながら、パズルをはめていきました。




キッチン収納も大容量。
キッチン〜廊下へ移動しやすい間取り。

ウッドデッキで気になる視界をシャットダウン。
お孫さんたちが来られる日が待ち遠しいですね。