お家の物語を大切にする

平岡工務店

お家の物語を大切にする

平岡工務店

くらしから考えるリフォーム

リフォームの現場から

「今日から」 Od様邸/生駒市 

初夏を感じ始める5月中旬。
平岡工務店がデザインした外構をたまたま見られ、気に入ってくださったことがきっかけで、Od様の外構工事のお手伝いをさせていただくことになりました。



工事初日ということもあり、不要な土を取り除く「鋤(すき)取り」と、斜面部分の勾配や階段の傾斜などの形状を決めていくため「水糸(みずいと)」を張っていきます。
この水糸を目印に、地面の高いところ、低いところを合わせていきます。


作業がひと段落すれば、明日に備え、現場の清掃作業が行われます。

現場では、図面だけでは読み取れないことがたくさんあります。
求められる現場での判断。
現場だからこそ伝わるニュアンス。
こうした現場監督と職人さんの顔を合わせたコミュニケーションも大切な時間です。
完成に向けて、明日も工事が続きます。